東京都の少年野球を応援するコミュニティポータル - ポップアスリート

少年野球のコミュニティポータルサイト ポップアスリート

ポップ係長のチーム訪問体験レポート

読売KODOMO新聞

POP ATHLETE

POP ATHLETE 大会情報


大会情報

オリックス・バファローズCup 少年野球兵庫大会ルール

この大会は、参加する子どもたちやチーム関係者が、スポーツマン精神を発揮し、「運動・スポーツ を楽しむことの意義」・「ルールを守ることの大切さ」・「野球を愛好する様々なチームや関係者らとの 交流」・「将来に向け夢を持つ事」等を学ぶ事を目的に行うものである。
本大会においての基本ルールは下記に記しているが、グラウンド状況の違いや、所属する団体、連 盟、協会のルールの違いにより、下記以外の、試合時に発生する可能性があるであろう事項や、試合 時に発生した事項については、実行委員会やその試合の審判団の判断に委ねられ、友好的に試合を運 営するものとする。

  1. 監督会議での説明内容又は決められた事項は、必ずチーム全員に徹底しそれぞれ厳守すること。
  2. この大会は、当該年度の「公認野球規則」及び「全日本軟式野球連盟競技者必携/学童野球に関 する事項/神戸市少年団野球リーグ競技者必携」及び下記細則により試合を行う。
    大会特別規定を優先とする。
    1. ア. 試合は6回戦とし、1時間20分を過ぎて新しいイニングに入らない。(時間制を採用する。) ただし、決勝トーナメントについては、別途協議するものとする。
    2. イ. 試合は得点差によるコールドゲームを採用する。3回以上10点差、5回以上7点差を採用。
    3. ウ. 決められた回数、時間が経過して同点の場合は抽選(勝9枚、負9枚)により勝敗を決する。
    4. エ. 決勝戦は、7回戦としコールドゲームは適用しない。ただし、試合開始から2時間以内で7 回を完了し同点の場合には、特別延長戦を行う。特別延長戦の方法は全軟連競技に関する連 盟特別規則に規定する「一」正式試合、4項(2)号を参照のこと。
    5. オ. 上記取り決めに関わらず、当日の球場使用許可時間に制限がある場合は、大会本部又は担当 役員の判断で試合成立後の回数を短縮することができる。
  3. ベンチは、組み合わせの若い番号を一塁側とする。
  4. 選手全員の集合は試合開始予定時間1時間前とする。前の試合が予定時間よりも早く終了したと きは時間を繰り上げて次の試合を開始することがある。なお、本大会に関わる日程の調整は、理 由の如何を問わず調整しない。ただし、学校行事については、別途相談を認める。
  5. 小雨の場合でも、日程の都合上又は球場が使用可能な状態である場合は試合を行う。その際、チ ームは異議を申し出ることは出来ない。
  6. 現地に到着したチーム代表者は本部へその旨を報告し、本部で用意した打順表3通を受け取るも のとする。
  7. 次の試合を行うチームの主将は、当日出場予定の選手全員の氏名を記載した打順表3通を、前の 試合の終了30分前に本部へ提出すること。その際、攻守の決定を行う。
  8. 試合中ダッグアウトに入れる人員は、チーム責任者1名、スコアラー1名、登録されたユニホー ム着用の監督、コーチ(2名以内)の合計5名と、登録されたユニホーム着用の選手10名以上 20名以内とする。
  9. 抽選会終了以降の選手の追加登録又は変更は認めない。
  10. 監督・コーチ・選手が試合に臨むときは、必ず統一したチームのユニホームを着用しなければな らない(スパイクを含む。) ユニホームの背中には背番号をつけること。番号は監督30番、コ ーチは28番、29番、主将は10番、他の選手はそれ以外の0番から27番までとする。ただ し、神戸市少年団野球リーグは、少年団ルールを原則遵守するが、決勝トーナメントに出場した 際、全日本軟式野球連盟競技者必携および、学童野球に関する事項に遵守するものとする。
  11. 審判は相互審判を採用し、服装は各団体指定のものとする。また、白のポロシャツと、黒・紺の ズボンは認めるものとする。
  12. 選手のスパイクシューズは、裏がゴムポイントのものを使用すること。金属製は使用できない。
  13. 投手は、変化球を投ずることを固く禁止する。万一変化球を投げたときはペナルティを課す。
  14. 金属バット、ハイコン(複合)バットは、全軟連公認以外の物の使用を禁ずる。(JSBB の記号 あり。)なお、雷発生の場合を想定して必ず木製バット2本以上を用意することが望ましい。
  15. 大会使用球は主催者で用意する。万一、試合中場外に出た場合は、攻撃側で即座に探索する。
  16. 選手の不正登録など不祥事があった場合は没収試合として処理し、チームは直ちに失格とする。
  17. 打者、走者、ベースコーチ、次打者は必ずヘルメットを着用すること。(最低7個用意)
  18. 捕手は必ず公認マスク、レガーズ、プロテクター、捕手用ヘルメットを着用すること。
  19. 監督・コーチは次の場合を除きベンチから出てはいけない。
    1. ア. 選手交代又は抗議のためにタイムを求め、そのタイムが審判員に認められた場合。
    2. イ. 審判員から招致を受けた場合。
    なお、試合中の抗議は監督及び当該プレーヤーに限ること。
  20. グラウンドで発生した負傷は、主催者では応急処置をする他は一切その責任は持たない。従って チーム代表者又は保護者がその後の処理に関わる責任を持つこと。(必ずスポーツ安全保険に加入 していること。
  21. チームのゴミは収集し各自が必ず持ち帰ること。グラウンド及び球場周辺を汚さないこと。
  22. 代表者はチームの引率その他すべてのことについて責任を持ち、十分な注意を払うこと。主催者 はその責任を持たない。
  23. 雨天の際の可否判断は当日の午前7時00分に決定するので、それ以前の問合わせには応じない。 万一会場まで遠距離の場合は、途中まで移動しながら会場担当者まで電話すること。(各チーム1 名。)
日程
開会式 4月30日(祝月) スカイマークスタジアム(公式戦開始前)
1回戦 5月12日(土) 各協力団体グラウンド
1回戦 5月26日(土) 各協力団体グラウンド
1回戦 6月9日(土) 各協力団体グラウンド
2回戦 6月23日(土) 〜各協力団体グラウンド
決勝トーナメント (兵庫・大阪各8チーム)
1回戦 8月18日(土) 舞洲第二運動場(2面)
準々決勝 8月25日(土) 三木山多目的広場
準決勝 9月1日(土) スカイマークスタジアム (13:00〜・15:00〜)
予備日 9月8日(土) スカイマークスタジアム
決勝戦 9月15日(土) 京セラドーム(公式戦開催日の午前中)
表彰式 9月16日もしくは、17日のプロ野球公式戦開始前に行う。
<オリックス・バファローズジュニアチームについて>
  1. ア. 参加選手は、オリックス球団が人選し、発表は9月末とする。
  2. イ. 球団が指定した練習日には、各チームの試合日・学校行事・冠婚葬祭以外は参加するものと する。また、練習及び練習試合は、土曜日に行う。
Bs Cup兵庫大会実行委員会役員名簿
役職名 氏名 所属団体名 所属役職名
会長 中村 勝広 オリックス野球クラブ(株) オリックス・バファローズSA
副会長 ロベルト・バルボン オリックス野球クラブ(株) オリックス・バファローズ野球教室顧問
羽田耕一 オリックス野球クラブ(株) オリックス・バファローズ野球教室校長
鶴目 充 三木市軟式少年野球協会 会長
有馬耕造 尼崎東リーグ 会長
西澤 格 西宮少年野球協会 北夙川少年野球代表
実行委員長 岡村義和 オリックス野球クラブ(株) オリックス・バファローズ コミュニティグループ課長
副委員長 小澤 聡 オリックス野球クラブ(株) オリックス・バファローズ野球教室担当
志賀久高 西神戸軟式少年野球連盟 副会長
審判委員長 衣川治久 西神戸軟式少年野球連盟 審判長
副委員長 遠藤輝実 神戸市少年団 須磨区審判長
大鹿裕弘 三木市軟式少年野球協会 審判長
竹下数人 尼崎東リーグ 成徳イーグルス代表
玉置国央 西宮少年野球協会 用海サントス代表
事務局長 田中雅興 オリックス野球クラブ(株) オリックス・バファローズ野球教室担当
事務局次長 山里 勉 神戸市少年団 須磨区運営委員長
堀尾正延 三木市軟式少年野球協会 副会長
橋修司 尼崎東リーグ 城内杭瀬ブレーブス
西澤 格 西宮少年野球協会 北夙川少年野球代表